2018年お盆の高速道路&一般道の渋滞予測は?渋滞を回避するには?

スポンサードリンク

2018年お盆の渋滞予測が各高速道路会社、日本道路交通センターから発表されましたね。

お盆はもちろんですが、正月やゴールデンウィークなどに遠出する時は事前に渋滞情報や渋滞予測を調べてから出発するのと、何も調べずに出発するのでは到着時刻に大きな差が出ます。

この記事では2018年お盆の渋滞予測はもちろん、渋滞を回避する方法や便利なアプリなどについて紹介しているので2018年お盆にお出かけの方は参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

2018年お盆の高速道路の渋滞予測は?

各高速道路会社や日本道路交通情報センターがお盆期間としているのは2018年度の場合8月8日(水)~8月19日(日)までの12日間となっています。

高速道路の渋滞予測は下り線と上り線で違います。

≪高速道路下り線の2018年お盆渋滞予測≫

8月11日(土)~8月12日(日)

渋滞ピーク:8月11日(土)
10km以上の渋滞発生回数558回

最も長い渋滞予測

中央道下り相模湖IC 予想45km
8月11日6時
8月12日9時
8月13日7時
8月18日7時

≪高速道路上り線の2018年お盆渋滞予測≫

8月14日(火)~8月15日(水)

渋滞ピーク:8月14日(火)
10km以上の渋滞発生回数332回

最も長い渋滞予測

関越道上り高坂SA付近 予想40km
8月15日16時

その他ピーク時の渋滞長が特に長い高速道路と渋滞発生場所も発表されています。


参照:http://media2.c-nexco.co.jp/images/news/4366/8001df2ee8d6175eda62f10451915966.pdf

2018年のお盆では、通常の休日割引が11日~12日ではなく、9日~10日(木~金)で適用されるようになったので多少は渋滞が分散されると思われます。

2018年お盆の一般道の渋滞予測は?

高速道路のお盆の渋滞予測は毎年割と正確な情報が発表されていますが、一般道の渋滞予測となると提供しているサービスがほとんどありません。あっても渋滞予測でカバーしている一般道の範囲が狭いです。

JARTIC(日本道路交通情報センター)夏の一般道渋滞予測

一般道と言っても観光地周辺の一般道の渋滞予測に限られるんですね。
一応一般道の最長渋滞予測としては赤川花火大会(山形県)が開催される8月18日に国道112号線が14kmと予測されています。

その他でお盆の一般道の渋滞予測ができるサービスとしてはゼンリンの地図ソフト「いつもNAVI」を利用すると過去の渋滞情報を元にして1年先までの渋滞予測を日付指定して調べることができるサービスがあります。

ただ年間7000円~かかるのでお盆の渋滞回避のために導入するのはどうかと思います。

いつもNAVI(渋滞予測)

どちらも一般道の正確な渋滞予測か?と言われると高速道路程の正確さはないでしょう。一般道の場合はあくまでも上記の渋滞予測を参考にして、当日のリアルタイムな渋滞情報を参考にして予定を立てたほうが渋滞の回避には繋がると思います。

2018年お盆の渋滞を回避する方法は?

お盆の渋滞を回避する方法として最も一般的なのはピークを避けることです。つまり出発時間をズラして深夜に移動すれば高速でも一般道でも渋滞のストレスなく移動できるでしょう。

ただお盆ともなると深夜でもいつもよりは混雑している可能性もあります。ちなみに早朝に出発して渋滞を回避しようと考える人もいるかもしれませんが、ネクスコの2018お盆の渋滞情報を見てもわかるように渋滞予測でも6時など割と早い時間帯から渋滞が予測されています

なので早朝に出発して渋滞を回避しようとすると裏目に出る可能性もあります。

渋滞回避のポイントは渋滞する時間帯を避けることです。
特に迂回するルートのない高速道路の渋滞ポイントは要注意です。

そのためリアルタイムの渋滞情報のチェックも欠かせません。
リアルタイムの渋滞情報なら「渋滞情報マップ」というアプリがドライバーに人気です。

渋滞情報マップは先程紹介したJARTICの渋滞情報をgoogleのリアルタイムな渋滞情報を合わせたアプリでリアルタイムの渋滞情報に定評があり、操作も簡単です。

また、ネクスコのホームページで地域ごとの高速道路アドバイザーがおすすめする渋滞回避のポイントの動画もあるのでお盆前に覗いてみてはいかがでしょうか?

おでかけガイド2018夏 渋滞回避のポイント⇒https://www.c-nexco.co.jp/odekake/

さいごに

2018年お盆の渋滞予測や渋滞を回避する方法についてまとめてみました。

高速道路を使う場合、渋滞があると一般道を走ったほうが早いと思われるかもしれませんが、理論上は平均して25キロで動く自然渋滞なら一般道でそれを上回ることは難しいと言われています。

そういえば毎年のようにお盆になると2家族が下道と高速道路で競っていますよね。
もう今年もそんな時期になったんですね~。
あれ見ると確かに高速道路のほうが渋滞していても早いかなと思いますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です